Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

笠原友希が公開練習『挑戦する気持ちを見てほしい』

DATE   2020-07-12



天心vs笠原.jpg

7月12日(日)RISE初の無観客TVマッチとして行われる『Cygames presents RISE on ABEMA』に出場する笠原友希(シーザージム)の公開練習が7日に行われた。
公募にて那須川天心(TARGET/Cygames)との対戦が決まった笠原は公開練習後、リモートインタビューに応じた。
そのインタビュー内容をお知らせします。

笠原 (1).JPG

 

≪笠原友希 リモートインタビュー≫

――練習を終えての手ごたえや感想は?

笠原「最初のときよりは徐々にレベルアップしてるなと実感しています。どんどん動きがよくなっています。今週はもう調整に入って、12日に向けての調整は順調です。」

――改めて那須川天心選手との対戦が決まった時の感想は?

笠原「すごいびっくりしましたね。自分が選ばれたことにすごくびっくりしていました。自粛期間を終えて無観客で試合が出来るようになって、その中で自分が選ばれてびっくりした気持ちと、やるぞという気持ちになりました。」

――今回の大会で初めて笠原選手を見るお客さんが増えると思いますが、お客さんにどんなところを見てほしい?

笠原「年齢的にも実績的にも那須川選手に劣る部分が大きいと思うんですが、試合では必死に食らいついていくので、そういう若い選手がいるぞ、笠原友希がいるぞっていうところをみんなに見せたいです。」

――12日の大会の意気込みは?

笠原「試合が迫ってきて今週はもう調整に入ってるんですけど、少しも気を抜かないで最後までしっかり見せれるように頑張りたいと思います。」

――天心の相手の公募が決まってすぐに名乗りを上げようと思った?

笠原「見てからすぐに自分が行こうという気持ちにはなりました。そこから相談や話し合いなどを経て応募することが決まりました。」

――以前から戦いたいという気持ちはあった?

笠原「今回、今のタイミングできたのはすごく予想外ですね。今来るかとは思いました。自分がチャンピオンになってどんどん名を上げていったら挑戦したいと思っていました。」

――シーザー会長やトレーナーなど周りの方も気合が入っていると思うがアドバイスとかは?

笠原「たくさんの周りの方から頑張れよと激励の言葉をいただいて、SNSとかでもすごく応援のメッセージをいただいてすごい嬉しかったです。」

――先ほどの公開練習では誓距離からのフェイントだったり、宍戸(大樹)さん的なバックハンドブローなどをやっていましたが対天心となると秘策のようなものが必要?

笠原「そうですね、一つのパターンになってしまうとやられてしまうので、いろんな技を出して当てていきたいです。」

――相手が格上の選手の場合はモチベーションは上がる?

笠原「もちろんモチベーションは上がりますね。格闘家として強い相手と戦いたいという気持ちがあるので、モチベーションはすごく上がります。」

――那須川天心という存在は日に日にどのように変化していますか?

笠原「自分の憧れの選手で動画とかでもいろいろ勉強させてもらってた中で対戦相手に変わって。憧れの選手ではありますけど対戦相手なので今回はぶっ倒すぞって気持ちに変わりました。」

――過去シュートボクシングの選手がキックボクサーと戦ってきて先輩たちから秘策を授けられた?

笠原「そうですね、いろんなアドバイスをしっかり練習中に教えていただいています。試合中に出せるようにしっかり練習してきたつもりです。」

――先ほどのミット打ちでトレーナーがオーソドックスに構えていたがいつもオーソドックス?

笠原「日によってどっちも出来るようには練習しています。サウスポーに構えてもやってもらっています。」

――今回の試合で自分の方が確実に那須川選手より勝っていると思うところは?

笠原「リーチと身長があるのでそれをどんどん活かして戦っていきたいです。」

――周りの友達とかは今回の試合についてどんな反応だった?

笠原「すごい反響は大きかったです。すげーとかめっちゃびっくりされて、嘘かと思ったとか言われるくらい(笑)。」

――RENA選手からアドバイスや激励の言葉は?

笠原「そうですね、たくさんアドバイスをいただいて。試合は楽しんで自分の全力を出してということはすごい言われます。」

――改めて、笠原選手から見て那須川選手はどういう風に映っている?

笠原「技術がすごい高くてカウンター取ったりだとかハイキックやバックキックで倒したり、いろんな技術持っていてそれを試合中にも出しているのですごい強い選手だなという印象です。」

――言える範囲で構わないので、天心選手のバリエーションに自分はどう対抗していこうと思っている?

笠原「自分はリーチがあるんで、カウンターをもらわないようにリーチを活かしながら戦いたいなと思っています。」

――那須川選手得意の左ストレートを当てさせないような対策はしてる?

笠原「それもしっかりスパーリングなどで練習はしています。」

笠原 (2).JPG

――天心有利と見られている中で、試合の中で自分のどういう部分を感じ取ってほしい?

笠原「自分が挑戦する形なんで、挑戦する気持ちというのを試合中に見てほしいなと思います。」

――大阪の吉鷹さんからもアドバイスはありましたか?

笠原「アドバイスはいただいています。試合中に全部使うことなんで言えないですけど、身長が高い分そこを活かしてって感じですね。」

――シュートボクシングvsRISEといえば、2011年にRENA選手と神村エリカさんが対戦してRENA選手が勝っています。そういうことはご自身にプラスになったりしますか?

笠原「格闘技もいろんなところで下剋上というか、有名な選手に勝っていってる選手も多いんで、自分も頑張らなきゃなという気持ちにはなります。」

――過去最大の相手への挑戦だと思うんですが、ご自身の日々の生活に変化とかはありますか?

笠原「最初は緊張して寝れなかったり、寝ながらも緊張してたりが多かったんですけど、だんだん慣れてきましたね。」

――先ほど『下剋上』という言葉が出てきましたが、下剋上を達成する自信はどれくらい?

笠原「試合中はその自信を100%にして挑んでいきたいと思います。」
 

EVENT OVERVIEW

開催日時

2020年7月12日(日)
18時試合開始

 

 

会場
主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

【特別協賛】
株式会社Cygames

【協 賛】
フィットネスショップ
ポノス株式会社
株式会社A'Group
株式会社ルーフ
グラミープラス
株式会社インサイト

衣装協力 73R / インスピリット
放送・映像制作 ABEMA / スター・ゲイト
入場料金
チケット販売所
お問い合わせ RISEクリエーション 03-5980-7409

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
TEL 03−5980−7409 / FAX 03-5980-7410
■ 那須川天心選手への取材に関しては(CCPR内・那須川天心担当宛)
TEL 03−5459−0297 / FAX 03-5428-4647
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 ガーベラ巣鴨ビル3F


PLAYGUIDE

チケットぴあ
ローチケ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE
PONOS
PONOS

SPONSORS

INSITE
AUBE
PONOS
7THREE

PARTNERS

KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2020-07-07