Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

一馬インタビュー『石月選手が一番強いんで、RISEのタイトルマッチに一番相応しい選手』

DATE   2021-10-22



10月22日(金)後楽園ホールにて開催される「RISE152」。

今大会のメインイベントで石月祐作(KAGAYAKI)とスーパーフェザー級暫定王座を争う一馬(MONSTAR GYM)のインタビューをお知らせします。

また当大会のチケットは完売となりました。当日券の販売も予定ありませんので予めご了承下さい。

 

P1310329.jpg

『石月選手が一番強いんで、RISEのタイトルマッチに一番相応しい選手』

――ようやく念願の王座決定戦が決まりましたけど、決まった時の心境はいかがですか?
一馬 やっぱ嬉しかったですね、やっと決まったかっていう。16年間格闘技続けてきて初のタイトルマッチなんで気合入れて一発で獲りに行きたいなと思ってます。

――プレッシャーはありませんか?
一馬 特に感じてないし仕上がりが凄くいいんで、今回は自信しかないですね。

――実際今の公開練習を見て頬のこけ具合を見たら本当にかなりいい仕上がりになるんじゃないかと思いますけど、明日試合やってもいいくらいのコンディションですか?
一馬 そうですね。減量中なんですけど全然減量苦は今回全くないですし、スピード・パワー・スタミナどれをとっても過去一ですね。

――結局タイトルマッチは以前一馬選手が予想した通り、王者のチャンヒョン・リーが来日できないということで石月選手との暫定王者決定戦になりました。ある程度予測はしてたと思いますが、実際に石月選手とやるということに関してはどうですか?
一馬 実際日本人でランカーとしては石月選手が一番強いんで、RISEのタイトルマッチに一番相応しい選手だと思ってます。なので、僕としても一番良い選手とできるなってことで気合は入ってますね。

――現時点でいろんなシミュレーションはもうしてますか?
一馬 もちろんしてますね。まぁ石月選手毎回同じ戦法・スタイルなので、そこの対策もしつつ自分の長所を伸ばして、スタミナもそうだしパワーもそうだしスピードもそうだし、自分の良さをどんどん上げてくっていう練習をしてきました。

P1310382.jpg

―― 一馬選手が今試合をやるとなったら、前回ノラシン選手をKOした必殺技の『上弦ノ三日月』とか第二、第三の必殺技を皆さん期待すると思うんですけど、その辺はいかがですか?
一馬 もちろん今まで出してこなかった技もありますし、戦法も新しい技も今回必ず使うだろうっていう技も用意してるんで、そこを見てほしいですね。

――それは『下弦ノ三日月蹴り』ですか?それとも第三、第四の必殺技ですか?
一馬 技は第三、第四の技ですね。戦法は多分今まで使ったことないんである意味僕のことを知ってる人が見たらびっくりする戦法だと思いますね。

――みんながあっと驚くっていう感じですか?
一馬 そうですね、驚くしこんなことも出来るんだな、何でも出来るんだなっていうところを見せたいですね。

――もしそれがクリーンヒットしたら前回同様に衝撃的なKO勝利に繋がるっていう感じですか?
一馬 当たれば倒れると思ってます、タイミングなんで。

――単純に石月選手の印象をお聞きしたいのですが
一馬 印象はやっぱり気持ちが強い。あとはフィジカル、打たれ強い。本当に強い強い強いじゃないですかね。そういう印象ですね、とにかく強い。

――これまで石月選手の試合というのはいつか戦うと思ってご覧になってたんですか?
一馬 いつか戦うと思ってたんですけど、こんなに早く実現するとは思ってなかったですね。ただ想定はしてました。

――石月選手どちらかというと激闘派でガンガン攻めてくるタイプだと思うんですけど、そういうタイプは自分的にはどうですか?
一馬 僕は今までRISE出場してからずっと激闘派の選手とやってきてるんで慣れてはいますよね、そういう前に出てくる選手。やりやすいです。

――先ほどのミット打ちで左右どちらでも三日月を蹴れるというのを見せましたけど、もう左右関係ない感じなんですか?
一馬 そうですね、僕右も左もスイッチで使えるし、サウスポーでも全然戦えるんで、右も左も殺傷能力のある攻撃を持ってます。ディフェンスもどっちも出来るんで。

P1310410.jpg

――格闘技を始めて16年で初のタイトルマッチ、何でこんなに遠回りだったんですか?
一馬 言っちゃうとタイトルマッチにあんま興味がなかったというのはあるんですけど、ベルトとかも(笑)。ここで今まで応援してくれてる人たちにベルトを獲ってあげたいって気持ちが今強いですね。自分のためというよりも周りの人たちのためにベルトを獲りたいという気持ちが一番大きいです。そこを全面に試合で出していきたいなと思ってます。

――そういう風に思うようになったきっかけみたいなのはあるんですか?
一馬 ん-きっかけはないですけど、やっぱり僕がランキング上にあがるにつれてベルト獲ってほしいだったりとか、今まですっと応援してきた人たちがいてくれる中で、何で自分は好きな格闘技を出来てるんだろう、って。やっぱそういうとこで恩返ししなきゃいけないなってとこは出てきましたね。

――じゃあ恩返しという意味で気合は過去一入ってる?
一馬 そうですね、過去一ですね。一発でベルト獲りにいきたいと思ってますし、そのあとのチャンヒョン・リー戦もしっかり見据えていい試合したいと思ってます。

――RISEのメインイベントとタイトルマッチに相応しい試合ができるということですか?
一馬 そうですね、そのつもりです。

 

■インタビューの模様はオフィシャルYouTubeチャンネルでも配信中です

EVENT OVERVIEW

開催日時

2021年10月22日(金)
開場 17時00分/本戦 18時00分予定

 

会場

後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61 後楽園ホールビル5F
https://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

株式会社Cygames
株式会社ルーフ
MISHONE
株式会社インサイト
ポノス株式会社
フィットネスショップ
麺や すする

衣装協力 73R / インスピリット
放送・映像制作 ABEMA / スター・ゲイト
入場料金

・SRS席 15,000円 ※完売
・RS席 10,000円 ※完売
・S席 8,000円 ※完売
・A席 6,000円 ※完売

※当日券は販売いたしません
※未就学児は保護者膝上に限り無料
 ※新型コロナウイルス感染防止対策により観客は700名弱(立見無し)での開催予定

チケット販売所
お問い合わせ RISEクリエーション 03-5980-7409

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
TEL 03−5980−7409 / FAX 03-5980-7410
■ 那須川天心選手への取材に関しては(CCPR内・那須川天心担当宛)
TEL 03−5459−0297 / FAX 03-5428-4647
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 ガーベラ巣鴨ビル3F


PLAYGUIDE

チケットぴあ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE
PONOS
みずほアンテナ

SPONSORS

INSITE
PONOS
7THREE
PONOS

PARTNERS

KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2021-10-19