Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

YA-MANインタビュー『見れば見るほど穴がある』

DATE   2021-11-14



■11月14日(日)大阪・丸善インテックアリーナにて開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA.2』にて中村寛(BK GYM)と対戦するYA-MANがTARGET SHIBUYA(東京都渋谷区)で練習を公開を行った。オープンフィンガーグローブマッチで2連続KO勝利と勢いに乗り今年頭角を現したYA-MAN。中村寛対策も完璧なようで今回もKO勝利宣言をした。

 

■YA-MAN 公開練習後インタビュー 『見れば見るほど穴がある』

P1330046.jpg


――試合が近づいてますが、現在の仕上がり具合はいかがですか?
YA-MAN 仕上がりは、めちゃめちゃ良いですね。前回と試合間隔も空いていないので、体重もキープできていて減量苦も無いしここまで調子良くこれています。

――体重は今日の時点でリミットまで落ちてる感じですか?
YA-MAN 通常より2kgぐらいアンダーできているのでもうキツいという事はないですね。

――今回は久しぶりに通常のグローブマッチですがいかがですか?
YA-MAN この2年間ぐらいボクシングの練習を強化してきたので、その練習が実を結んで開花したので、グローブだからとかオープンフィンガーだからとかは関係なく自分のスキルが上がっているのでそれをグローブでようやく見せれるかなと思います。

――通常のボクシンググローブの戦いも新鮮ですね?
YA-MAN そこは楽しみにしてもらいたいです。この2年間色々なことを勉強してきて、前回の平塚選手の時は攻略されてパンチに付き合ってもらえなかったですが、今回は向こうも打ち合ってくると言っているので、自分の成長した所をグローブで見せれるかなと思います。

――対戦相手の中村選手はいかがですか?
YA-MAN そうですね、普通に強いと思います。大雅選手とあれだけの試合をするっていうのはなかなか凄いと思いますけど、勝てない相手じゃない。荒いのですきがめちゃめちやあるので一発さえ貰わなければ全然勝てますし、普通にスタミナがないので1Rさえしのいじゃえば自分の勝ちかなとは思うんですけど、だからと言って1Rに勝負しない訳じゃないので1R目からバチバチに打ち合って倒せなかったら2・3R目で倒せればと思います。

――短期決戦でも自信があるし、中盤以降に試合が長引いても自信があるって感じですか?
YA-MAN そうですね。どっちでもいけます。自分は1発の爆発力もついてきましたし、昔から気合とスタミナと根性は一番の自分の持ち味なので、2R目3R目に入ったら向こうはかなり苦しいと思うので、まあ1R目で倒さないとキツいよと言いたいです。

P1330013.jpg

――先に公開練習をやった中村選手も自信満々でしたがその辺も全く気にならない?
YA-MAN 試合前に自信ない人なんていないと思うので、自分は中村選手の試合をめちゃめちゃ見るんですが、見れば見るほど怖くなくなってこんなんだったっけ? みたいな。1回のインパクトは強いですが見れば見るほど穴があるというか、僕はその穴をついていけば良いので簡単かな?とは思いますね。

――今回戦う舞台は相手の地元でアウェーになりますけど、その辺はどうですか?
YA-MAN そうですね、そこだけはどうなるんだろう?って自分でも分からない部分があって、大阪の人凄そうじゃないですか(笑) 関東対関西というイメージになると思うので、やっぱ関西勢って地元愛が強いので多分中村選手のファン以外の大阪の方も中村選手を応援すると思うので、そこだけ応援の力はでかいので、不安要素ではあります。関東からも結構応援には来てくれるので、その人達の力を借りて関西勢に負けないように頑張っていきたいと思います。

――会見の時に良く分からないいざこざ(中指立てたら手を広げてきたり)がありましたが、あの時はどういう風に思ってました?
YA-MAN もう?(はてな)ですよね。何をやりたいんだろうこいつは?みたいな。

――会見の内容としては拍子抜けた感じですか?
YA-MAN 自分としてはああいう事をやって相手がムカついてくれればスイッチ入って打ち合って来てくれるんじゃないかと思ってやってるんですけど、あれ来ないんだ?みたいな感じではありますね。

――いつも記者会見で挑発的な事をするのは戦略の一つなんですね?
YA-MAN やっぱり面白い試合したいのでその為には相手が来てくれないと面白い試合にはならないので、どうやって相手に来させるかって事は考えてますね。

――今回の相手は黙ってても来てくれるんじゃないですか?
YA-MAN そう皆さん思っていると思うんですけど、意外と打ち合いしてないんですよ彼。中距離で距離をとって遠い間合いからパって入って、一発利かせてから入るので打ち合いっていうのは今までの試合を見ててもしていなくて、だいたい決めるのも左のハイですし、今回も打ち合ってこないと思うんですよ。
距離とってステップインで入ってきて、左のストレートで利かせてからまとめようと思ってると思うんですけど、あとはインローとかで入ってきてみたいな、どの試合も全部そうですし打ち合いってあんまりしてないんですよ中村選手。

――相当、攻略(研究)してますね?
YA-MAN やっぱり、それ(研究)をするに値する選手だと思ってるので。ただ地のぶつかり合いだと分が悪いかなと思ってるので僕はしっかり見て、相手は多分見てないと思うので。
今までもそうですが、自分って結構下剋上マッチが多かったと思うんですけど、相手は誰だよYA-MANって感じで舐めてきてくれるんで、向こうは何も映像見ないで自分の力で勝てると思って来てるんですけど、自分はしっかり油断しないで攻撃に対してどういう返しが来るかしっかり見て、会長と戦略を立ててコンビネーションとかを決めてるんで、いつもそんな感じです。

――今回の試合なんですけど、テーマ的に中村選手がランキングに入るためみたいなテーマの打ち出しになってますが、それってYA-MAN選手には何の得るものが有るんだとお思いますか?
YA-MAN なんのメリットもないですね。自分からしたら。負けたらランキング下がるだけですし、なんか格上挑戦みたいな感じに思われてるんですけど、自分がやってあげてるんだよみたいなイメージがあるんですけど、自分としてはランキングとかそんなに拘ってなくて、ただ打ち合って面白い試合をしたいというのが自分がキックボクシングをやってる理由なんで、別にランキングどうこうよりも打ち合ってくれる選手だったら誰ともやりますっていう感じですね。

――じゃあ、直樹選手への挑戦というのは考えてないんですか?
YA-MAN 強い選手とやりたいというのはあるので、やりたいなというのは有るんですけど、別に1番の目標はそこじゃなくて打ち合って面白い試合をしたいってのが1番ありますね。
で、1戦1戦やっていって直樹選手とマッチメイクされました、みたいな感じで良いんじゃないですかね。

――YA-MAN選手がすごい頭脳派というのはわかってびっくりしてますが、いつも会見とかでは相手と向かい合うと、戦略も有るんでしょうけどこの野郎みたいな感じで沸点が高くなるんですか?
YA-MAN そういう打ち合いたいという気持ちでやってるんですけど、やってくうちに感情入ってきちゃって、特に北井選手との前日計量とかは、向こうもマジでキレてますし、こっちもマジでキレてますし本当小川さんいなかったらどうなってたんだ?みたいな感じです。
結構ガチで向こうも普通にキレててそんな感情的なったらこっちも感情高ぶるので頭脳とか関係なくなっちゃってましたね。感情の赴くままにみたいな。

――中村選手が前回の公開練習の時に凄い勝ち方をしたいと、言っていたんですけどもそれに対して反論みたいなのは有りますか?
YA-MAN 凄い勝ち方? すごい勝ち方って多分1RKOとかだと思うんですけど、反論って言うか是非来てくださいって感じです。もう真向から打ち合うんで、ぜひ来てくださいって感じです。別に僕もう倒されても良いですし、倒し返すんで凄い勝ちかた狙いに来てくださいって感じです。

――自分もそういう勝ち方をしたいという事ですね。
YA-MAN あっそうですね。もちろん会場が沸くのが一番気持ち良いので。

――理想の勝ち方ってどういう勝ち方ですか? 1発バンって決まってKOみたいな感じですか?
YA-MAN 自分の理想の勝ち方はそうではなくて、前回の試合はすぐに終わっちゃったじゃないですか、その時に立ってくれお願いだからってずっと思ってたんですけど、まだアドレナリンもなんも出てないし、山口選手とやった時みたいにやり切った感がなかったというか、気持ち良いみたいなのはなかったですね。あの1発で。殴り合った末に倒すみたいなのがやっぱり自分の理想の勝ち方です。

――自分も攻撃受けるし自分もダメージを与えて最後に勝つと?
YA-MAN 倒して倒されてでも最後に自分が勝つみたいな試合がしたいですね。

――今回の中村戦はそうなりそうですか?
YA-MAN なると思いますね。打ち合ってきてくれれば。でもそう言ってましたよね? 打ち合ってくるならこっちも打ち合うみたいな。じゃあそうなると思います。

――できるだけ強くなってリングに上がってきてくれと言ってましたよ。
YA-MAN 自分格闘技初めて5年ぐらいなんですけど、彼は格闘技初めて何十年ってやってきてると思うんですけど、何十年ってやってきて停滞している人と、まだ初めて5年で急上昇中の成長期の人とで考えたらこれ以上成長したら追い抜いちゃうよとは思います。この2か月で前回の試合より間違いなく強くなってますね。

 

※この公開練習の模様はオフィシャルYouTubeで公開中です 

EVENT OVERVIEW

開催日時

2021年11月14日(日)開場12時30分/本戦開始14時予定/終了予定20時~21時頃
※開場後オープニングファイトを実施予定
※試合内容、イベント進行によって終了予定時間が前後することがありますのでご了承ください。

 

会場

丸善インテックアリーナ大阪
(〒552-0005 大阪府大阪市港区田中3-1-40)
Osaka Metro中央線「朝潮橋」 2A出口すぐ

主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

【特別協賛】
株式会社Cygames

【協賛】
株式会社ルーフ
MISHONE
株式会社インサイト
ポノス株式会社
フィットネスショップ
ビジョンズ株式会社

衣装協力 73R / インスピリット
放送・映像制作 ABEMA / スター・ゲイト
入場料金

・VIP(フェンス内・特典付) 100,000円
・SRS  30,000円
・RS   20,000円    
・アリーナS席  12,000円
・スタンドS席   12,000円    
・スタンドA席   8,000円

※未就学児は保護者膝上に限り無料
※当日券は500円アップ

チケット販売所
  • チケットぴあ TEL:0570-02-9999
    セブンイレブン、チケットぴあ各店でもお買い求めできます
  • イープラス
    ファミリーマート 店内Famiポートでもお買い求めできます
お問い合わせ RISEクリエーション 03-5980-7409

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
TEL 03−5980−7409 / FAX 03-5980-7410
■ 那須川天心選手への取材に関しては(CCPR内・那須川天心担当宛)
TEL 03−5459−0297 / FAX 03-5428-4647
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 ガーベラ巣鴨ビル3F


PLAYGUIDE

チケットぴあ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE
PONOS
みずほアンテナ

SPONSORS

INSITE
PONOS
7THREE
PONOS

PARTNERS

KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2021-11-10