Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

田丸辰インタビュー『どの階級でも自分よりスピード速い人をまず見たことない』

DATE   2022-04-24



RISE157メインイベントにて空龍と対戦する田丸辰がTRY HARD GYM(神奈川県相模原市)で公開練習を行った。今回から階級を1つ下げフライ級での挑戦となるが、ミットでの動きも軽快でコンディションも問題なさそうだ。

田丸辰インタビュー『どの階級でも自分よりスピード速い人をまず見たことない』

P1000218.JPG

――もう完全にRISEのフライ級の体になりつつあると思うんですけどフライ級の動きっていうのはどうですか?
田丸 スーパーフライの時と減量の辛さとかは変わんないですけど、他の選手よりもやっぱりパワーがあるんじゃないかなって思います。

――素人目に見てもやっぱりこの軽量級の1.5kgの差というのは結構なもんかなと思うんですけどもご自分ではいかがですか?
田丸 そうですね、長めに減量やってるんでダイエット感覚で、ずっと制限してるって感じなんで減量は別に全然平気なんですけど、やっぱり53kgの選手と51.5kgの選手の体つきっていうのは全然違うんで、そこでその差、体大きさっていうか差みたいなのはちょっとで出てくるのかなって思います。

――現時点で既に色々試されてると思うんですけどもスーパーフライの時と比べてスピードとかキレとかってのはいかがですか?
田丸 実際試合してみないと分からないですけど、練習の段階ではそのスピードも落ちずにパワーもそのままというか、別に変化なく練習の段階ではできてますね。

――分かりました。じゃあもう今このトーナメントに向かって今回の対戦相手の空龍選手、そして来るべき決勝はどっちが勝ち上がってくるだろうということを考えながらも調整してるって感じになりますか?
田丸 そうですね、ずっとあの試合のことだけを考えて毎日やってます。

――現時点では対戦相手の空龍選手の印象っていうのはどうですか?
田丸 上手くて強い選手だなって思うんですけど今回は相手でどうこうっていうよりも、やっぱり自分がどういう戦いをしてどういう勝ち方をするかっていうのがテーマだと思うんで、そこを見ていただければなと思います。

――テーマは自分と向き合うことっていう風になりますかね。
田丸 そうですね、もう本当に相手どうこうじゃなくて自分自身の戦いというか、チームと一緒に勝利を取りに行きたいと思います。

P1000192.JPG

 

――今回去年の7月以来の一戦になるじゃないですか。一昨年から昨年にかけても怪我とかもあって間隔が開いたと思いますが、今回は一番この開いた理由って何になりました?
田丸 やっぱり怪我を治す期間っていうのもあるんですけど、自分を見つめ直す期間というか前回負けたりとかタイトルマッチ負けて2連敗したりとか、自分の何が足りなかったのかとかそういうのを見つめ直す期間に使ってました。

――プロになってからのキャリアでは初の連敗でしたよね。やっぱりかなり心に響いてしまいましたか?
田丸 そうですね、そもそもずっと無敗で負けてなくて、最近は勝ったり負けたりで連敗が続いたりして、何がいけないんだろうってすごい考えたし他の色んな意見みたいなのもあるけど、そういうの関係なくやっぱり自分自身の問題だと思うし、その自分自身に何が足りないのかっていうのをすごい見つめ直したので今回はすごいいい動きができると思います。

――でしたらその何がいけないのか何が足りないのかっていう部分の答えはもう導き出されたって感じですか?
田丸 やっぱりもう試合に出てもうベルト獲る気で毎日やってるんで、そこの部分ではバッチリです。

――今の話にも通じるんですけどもやっぱりそのRISEに出てきてからタイトル獲るまでの勢いみたいなのが最近ちょっとなくなってしまったように見受けられるんですけども、その原因っていうのを今回見つめ直して分かったということでよろしいですか?
田丸 今まではずっと誰にも負ける気がしなかったというか、なんかもうずっとただがむしゃらにやってきてたんですけど、一番最初鈴木選手に負けてからというかベルトを獲ってから負けない戦い方っていうか、勝ちに行くじゃなくてずっと守りの戦いとなってて、やっぱそこが根本的に間違ってたと思うし、やっぱり負けない戦いと勝ちにいく戦いって全然違うんでそこは大きく違ったのかなって思いました。

――タイトル獲った時あたりと比べると発言がだいぶおとなしめだったんですけどそれは大人になったんですか?
田丸 前をあんま覚えてないですけどどうですかね? 二十歳になったんでちょっとずつ大人になってるんですかね。あんまり意識してないです。

――というのも会見の時に他の2人から結構なこと言われたと思うんですけど、あまりそれに反応しなかったというか、他の2人に比べたらだいぶおとなしかったので。
田丸 「言ってんなー」ぐらいな感じで思ってました。自分も逆に16とかの時はそう思ってたし、本当に多分そう心から思って口に出して、それが自信なんだろうなってなんか懐かしいなじゃないですけど、そんな感じで思ってました。「あーはいはい。分かるよ〜その気持ち」みたいな。

――内心ムカつかなかったですか?
田丸 ムカつくというかやっぱり一番年上っていうのもあるし、やってきた相手だったりとか経験だったりとか練習だったりとか経てきた環境だったりとか、そういうのが全然違うので。本当同じ土俵に立ってないと思ってるんで気にも留めないって感じですね。留まらない。

――自分の中では優勝して当然ぐらいの自信はありますか?
田丸 そうですね。やっぱり田丸辰vs誰々とかそういうのじゃなくて、前提としてやっぱりこのトーナメントに出てるんでみんな強いのはもちろんそうなんですけど、でも田丸辰vs誰々じゃなくて自分の試合を見てもらうような。会見でも言ったんですけど、この階級に僕がいることが魅力だと思ってるんで、それを試合で見せられたらなと思います。

P1000249.JPG

――ちなみに先ほど一つ階級下げることで自分の一階級上のパワーが活きるっていう風におっしゃってましたけど、逆に言うとスーパーフライのスピードはやっぱり違うと思うんですけども、その対スピードに関してはどうですか?相手選手の方がよりスピードがあるかもしれないじゃないですか。
田丸 いや、どの階級でも自分よりスピード速い人をまず見たことがないんで逆に体験してみたいです。いるんだったらって感じです。

――ちなみに記者会見でも言ってましたけど階級を落としても53kgで負けた相手にはやり返しに行くという気持ちを持ってると?
田丸 正直ベルトを獲ることしか考えてないですけど、獲った後51kgでやりつつ別に53kgの選手もできるし、鈴木選手とやった時みたいな感じで。やりたいやつは結果を残して試合を組んでいただければなって思ってるんで、そこはもう別に。ずっと51kgの選手で51kgの看板を背負ってっていうふうにやろうとは思ってないです。

――あとずっと目標としていた那須川天心選手と戦うっていうのができなくなってしまったということに関してはどう思ってますか?
田丸 正直その負けたことも連敗したこともそうなんですけど、ずっと目標にしていたことがなくなったというか、そこも自分が今回期間が空いたのも大きくて。何か目標がなくて。何をモチベーションに頑張ればいいというかそういうのすごい考えたんですけど、やっぱり新しい目標を立てて進んでいかないと話にならないし、ここも経験になってくると思うんですけど、天心と戦って超えることはできなかったけど、その天心から教えてもらったりとか背中で見せてもらったっていう部分はたくさんあると思うんで、そこを自分が引き継いでRISEを背負っていければなと思ってます。


 

EVENT OVERVIEW

開催日時

2022年4月24日(日)
開場17時/本戦開始17時30分

 

会場

後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61 後楽園ホールビル5F
https://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

株式会社Cygames
株式会社ルーフ
ポノス株式会社
株式会社A'Group
株式会社アクティブチャネル
WISE 1 Golf Square
フィットネスショップ
麵やすする

衣装協力 73R / インスピリット
放送・映像制作 ABEMA / スター・ゲイト
入場料金

・SRS席 15,000円  
・RS席 10,000円  
・S席 7,000円  
・A席 5,000円

※当日は500円プラス  
※未就学児は保護者膝上に限り無料
※新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いします

チケット販売所
  • チケットぴあ TEL:0570-02-9999
    セブンイレブン、チケットぴあ各店でもお買い求めできます
  • イープラス
    ファミリーマート 店内Famiポートでもお買い求めできます
お問い合わせ RISEクリエーション 03-5980-7409

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
■ 那須川天心選手への取材に関しては(CCPR内・那須川天心担当宛)
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 ガーベラ巣鴨ビル3F


PLAYGUIDE

チケットぴあ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE
PONOS
みずほアンテナ

SPONSORS

INSITE
PONOS
7THREE
PONOS

PARTNERS

peace project
KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2022-04-15