Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

数島大陸インタビュー『倒せることが一番僕にとっての強み』

DATE   2022-04-24



RISE157にて行われる初代RISEフライ級王座決定トーナメント準決勝に出場する数島大陸が公開練習を行った。

数島大陸インタビュー『倒せることが一番僕にとっての強み』

P1000931.JPG

――まず髪の毛にどうしても目が行っちゃうんですが、そこまで短くしちゃってどうしたんですか?
数島 そうですね前回負けたっていうのと今回のこのトーナメントに気合を入れるために一回坊主にしました。

――そこまで短くしたのはいつ以来ですか?
数島 坊主自体が小学校3年とか4年生ぶりぐらいなんで、自分でも記憶ないくらいですね。

――そこまで短髪にした自分の顔を鏡とかで見たらどんな気持ちになりますか?
数島 最初はめっちゃ恥ずかしかったんですけどなんかさらに気合い入ったというか、もう一回気が引き締まったかなと思います。

――今も話ちょっと出ましたけどもやっぱり前回初黒星を喫した一戦っていうのは数島選手自身も心に堪えたような一戦になりましたか?
数島 そうですね、初黒星っていうので結構メンタル的に来たんですけど、そこは意外に深く長く考えずに逆に負けたからこそ得るものがあったんで、今となってはこの大きなトーナメントの前に負けててよかったのかなと思います。

――全てをプラスに捉えるって感じなんですね。
数島 練習の内容とか減量を一つにしても全てプラスに考えてるんで今は全然気にしてないです。逆に負けてよかったかなと思ってるぐらいなんで。

――でしたら前回の空龍戦から一番得たものって何ですか?
数島 やっぱり僕はパンチが得意で、パンチばっかりになりがちだったんですけど空龍戦をおいて、僕がやってるスポーツはキックボクシングなんでやっぱ蹴らないと駄目ですし、そこの戦略的な部分というか自分のスタイルを一回見つめ直すことができたんじゃないかなと思います。

――でしたら今回のトーナメントではやっぱり蹴りの数とかも増えてきますか?
数島 蹴りの数は増えると思うしやっぱバリエーションも増えると思います。その中で得意なパンチで倒すのが僕のスタイルだと思うんで倒すことにはこだわってはいきたいですね。

――今公開練習のミットでは滉大選手にミット持ってもらったと思うんですけどよくお互いミット持ち合ったりして練習してるんですか?
数島 そうですね、ミット持ち合ったり今回の塚本選手が右も左もできるスイッチヒッターなんで、先輩の滉大くんも両方できるんで今はめっちゃ練習に付き合ってもらってる感じです。

P1011054.JPG

――でしたら塚本選手がオーソドックスで来てもサウスポーで来ても今の所大丈夫?
数島 全然問題ないなくすごくいい練習できてるんで、そこはもう全然心配してないですね。

――今回このフライ級の王座決定トーナメントに自分に声が掛かったことに関してはどうですか?
数島 前回負けてるんで声は掛からないかな、最終的には絶対獲ったろうと思ってたんですけど、こんなに最短でというか早くチャンスを頂けたのにはもう感謝しかないんで、その感謝を表すのはやっぱり結果でしかないと思うんでそこはすごくありがたいと思ってます。

――自分に初黒星をつけた空龍選手が反対側にいるっていうことに関してはどうですか?
数島 そこはあんまり気にしなくて実際今回の相手の塚本選手はつい最近の試合で空龍選手に勝ってますしまだ無敗なんで、その選手に勝つことによって僕の前負けたのは帳消しになるというか、塚本選手に勝つことでまた僕の評価は上がるのかなと思います。

――プロデビュー以来無敗のまま塚本選手は今回のトーナメントに乗り込んできますけど、選手としてはどのように見ていますか?
数島 素直に無敗でDEEP☆KICKのベルト獲ってるんで決して弱い選手ではないと思いますし今勢いがあるのは分かってるんですけど、逆にその勢いがあることに対して僕もつい最近までやっぱり無敗できてたんでわかる部分もあるし、逆に僕は一回前回負けたことによって無敗で得れなかったこととかも自分の中で吸収してるんで、そういうところの差が今回出るんじゃないかなと思います。

――一回負けた強さがあるってことですね。
数島 そうですね、やっぱ負けないのが一番良いとは思うんですけど前回負けたことによってすごく本当に大きな収穫を得れたというか、前まで負けたらアカンっていう捉え方やったんですけど、負けないことに越したことはないですけど別に負けても次があるんやなっていうのは素直に思いましたね。

――数島選手も今19歳ですよね。この世界の中でもまだまだ若い方だと思いますけども今回さらに若い選手と戦うことに関してはどうですか?
数島 去年ぐらいデビューしたての時ぐらいは僕が最年少って言ったらおかしいですけどほんまに新人というか一番下やったんが、一年でこんなに変わるんだなって思うぐらい若い選手が多いんで、それでも僕もまだ10代なんでその勢いはその年下の子とかに負けてないと思うんであんまり気にしてないですね。

――塚本選手の方に数島選手の今の評価を聞いたところ挑発めいてオーラがないとか華がないって言ってたんですけれども、そういった発言に関して今聞いてどんな感じを受けますか?
数島 実際向こうは無敗なんでそういう大きいことを言って来ると思うんですけど、別にチャンピオンという肩書きであっても結果で僕はわからすしかないかなと思ってますね。そう言われるのもやっぱ前回が負けてるからだと思うんでそこはしっかり痛い目合わそうかなと思ってます。

P1000984.JPG

――本当に今更で申し訳ないんですけどあの決め台詞「キックボクサーは泣かないぜ」なんですけど、あれは何が元ネタなんですか?
数島 もともと僕はずっと泣き虫やって、で何かキャッチコピー的なの欲しいなっていうのを考えててプロやしそういう見せる場も大事かなと思って、もうこれからは絶対泣かずに行こうかなっていうので言い始めたのがきっかけですね。

――ちなみにキャッチコピーを言い始めてからは泣いてないですか?
数島 泣いてないですよね、まぁ「泣かないぜ」って言ってるぐらいなので泣いてないですね(笑)。

――今回のトーナメント他の3人と比べて自分の持ち味・強みって何だと思いますか?
数島 やっぱり倒せることが一番僕にとっての強みかなと思いますね。やっぱ他のみんなもKOとかあると思うんですけどダウンの数で言ったり倒してる数は一番多いと思うんで、そこは胸を張って僕の強みかなって言えます。

――ちなみに倒し方なんですけど例えば塚本選手は倒す時に一発で、連打とかじゃなく一発で倒してるって言ってたんですけど、倒し方に何かこだわりとかってありますか?
数島 本当に何ていうんですかね倒そうと思ったときこそ意外に倒せないんで、もう普通に自分の戦いを貫いて自分の戦いを実行しとけば相手が倒れるっていう感じなんで、そこまでこだわりはないですね。

――相手選手無敗とはいえやっぱり数島選手は竜哉・エイワスポーツジム選手とか実績のある選手と戦ってきてるじゃないですか。それでキャリアの差っていうのがあると思ってますか?
数島 竜哉選手もNJKFの暫定チャンピオンの甲斐元太郎選手も急遽の参戦で本当に試合の相手の対策とかも特になく、甲斐選手の時はKOで倒したりとか竜哉選手の時も1Rでダウン奪ったりしてるんでそこの乗り越えてきた修羅場の数というか、塚本選手と比べてやっぱそういう困難の数も多いと思うのでそういうところの差は試合では出るかなと思います。

――タイトルが懸かった試合だと思うんですけどやっぱりこの「初代チャンピオン」という部分にはこだわりますか?そこに自分の名を刻みたい?
数島 やっぱベルトを獲るに当たって初代って名前が残ると思ってるんで、去年からフライ級が新設されて僕はずっと一からフライ級でやってきた選手なんでそこに名を刻みたいっていうのは多分トーナメントの他の選手3選手の中でも一番思いは強いと思います。

――ありがとうございます。それでは最後にファンの皆様に一言をお願いします。
数島 キックボクサーは泣かないぜ!

 

公開練習の模様はRISEオフィシャルYouTubeにて配信しています 

EVENT OVERVIEW

開催日時

2022年4月24日(日)
開場17時/本戦開始17時30分

 

会場

後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61 後楽園ホールビル5F
https://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

株式会社Cygames
株式会社ルーフ
ポノス株式会社
株式会社A'Group
株式会社アクティブチャネル
WISE 1 Golf Square
フィットネスショップ
麵やすする
JISAKU

衣装協力 73R / インスピリット
放送・映像制作 ABEMA / スター・ゲイト
入場料金

・SRS席 15,000円  
・RS席 10,000円  
・S席 7,000円  
・A席 5,000円

※当日は500円プラス  
※未就学児は保護者膝上に限り無料
※新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いします

チケット販売所
  • チケットぴあ TEL:0570-02-9999
    セブンイレブン、チケットぴあ各店でもお買い求めできます
  • イープラス
    ファミリーマート 店内Famiポートでもお買い求めできます
お問い合わせ RISEクリエーション 03-5980-7409

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
■ 那須川天心選手への取材に関しては(CCPR内・那須川天心担当宛)
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 ガーベラ巣鴨ビル3F


PLAYGUIDE

チケットぴあ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE
PONOS
みずほアンテナ

SPONSORS

INSITE
PONOS
7THREE
PONOS

PARTNERS

peace project
KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2022-04-20