Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

Interview4 RISE129

DATE   2018-11-13

RISE新王者vsムエタイの日本人異色対決|工藤政英、志郎インタビュー|11月17日 両国



Interview

志朗インタビュー『自分のローキックの方が早いので、工藤選手のローは当たらない』

──15歳からずっとタイ。現地でのムエタイのキャリアはすでに60戦を超え、現在はルンピニースタジアムのテレビマッチにレギュラー出場するまでになりました。そんな志朗選手がなぜムエタイとはルールが異なるRISEに参戦しようと思ったんですか?
志朗 いま、一番勢いのある団体だと思ったからです。自分でも何回か見に行ったことがあるけど、いつも会場は満員になっていました。やっぱり那須川天心という看板選手がいることは大きい。自分の日本での知名度を上げるということを考えた時、そういう団体に出て行って、今まで体験したことのないルールにも挑戦していくのもいいかなと思ったんですよ。

──そこに葛藤はあった?
志朗 9月29日、ルンピニースタジアムでの一戦が終わって日本に帰国して1週間から10日くらいは「RISEでの闘い方をどうしようか」と悩みました。

──これまでヒジ打ちが禁止され、ヒザ蹴りもワンキャッチ・ワンアタックのルールで闘った経験は?
志朗 ゼロです。アマチュアの時だけですね。だから中学生まで(苦笑)。

──志朗選手にとって、ムエタイルールとRISEルールはどのくらい違う?
志朗 ムエタイとは全く別の競技だと思っています。だから最初はRISEルールではパンチだけで攻めた方がいいのか。それとも今まで使ってきた技を残しつつ闘った方がいいのか。そのへんで結構悩みました。

──試合まで残り1週間。期待と不安の割合はどのくらい?
志朗 いまはもう不安はないですね。

──11月17日、両国国技館で行われるRISEのデビュー戦はいきなりRISE王者の工藤政英選手との一騎討ちになりました。
志朗 主催者に期待されている裏返しだと思うけど、相手はチャンピオン。アウェイみたいな感じもします。

──ずっと3分5Rで闘ってきた志朗選手にとって、3分3Rで闘うというのは?
志朗 そこは大丈夫です。RISEでの闘いに向け、ミット打ちのやり方も変えました。スパーリングも3Rを想定してやっています。

──よりスピーディな展開を求めるため、ムエタイでは絶対ブレークがかからないような場面でもかかることが予想されます。
志朗 現在は首相撲をもう週1回程度しかやっていません。打ち合う練習も結構やっています。

──志朗選手のSNSを見たら、同じ日に-55㎏級の王座決定戦に出場する結城選手とも一緒に練習をしていますね。
志朗 ハイ。プロボクシングの日本ランカーともやっています。

──結城選手とはRISEルールの練習を?
志朗 というのもあります。

──具体的な工藤対策は?
志朗 ONEのシントンノーイ戦も含め、工藤選手の試合映像は見ました。ONEのルールがよくわからなかったけど、RISEルールだったら工藤選手が勝っていたのかなと思いました。とにかく工藤選手はしつこい。技術とか攻撃パターンに特色があるというより、ローキックとボディフックに特化された攻撃なのでRISEルールに合った選手だと思いました。

──どちらともローが得意。ローキック合戦になったらどうなるのかという興味も沸く。
志朗 う~ん、たぶん自分のローの方が早いと思うので。

──キモローは当たらない?
志朗 試合映像で見た感じそうなると思います。RISEでは、(工藤のローを)みんなカットしていない。

──向こうのローが当たっても効かない?
志朗 結構ローを蹴られる練習もしてきました。そこに関しては心配していないけど、ボディブローがちょっと…。見た目攻撃は強そうではないけど、勝利の半分以上はKOじゃないですか。今まで工藤選手のようなタイプとやったことはないので。闘うとは思っていなかった選手だけど、単純にRISEのチャンピオンと闘うことができるのはうれしいですね。

──現時点ではどんな勝利をイメージする?
志朗 RISEデビュー戦なので理想としては3Rで決着をつけ、最低でも名前を覚えてもらえるインパクトのある勝ち方を狙いたいですね。

Kudo_Shiro-2.jpg

 

工藤政英インタビュー『実は僕、運動神経がほとんどない。握力なんて小5の女子レベルなんですよ』

 

──RISEにとっても、工藤選手にとっても初めての両国国技館大会となりました。
工藤 格闘技を一度見に行ったことがある会場だけど、大きいから盛り上がりもすごい。こっちのテンションも上がります。幕張メッセで狂犬と闘った時もメチャクチャテンションが上がりました。

──大会場で緊張したりはしない?
工藤 僕はいい感じに緊張するタイプかも。

──減量はバッチリ?
工藤 今回はOLの真似をして、初めての酵素ダイエットにチャレンジしています。まだ全く実感はありませんが(苦笑)。

──減量に失敗したことは?
工藤 僕、(ジムの中では)一番減量がうまいと思う。最初は一番ヘタクソだったんですけどね。いろいろな人に減量の話を聞き、自己流でやっていくうちにうまくなりました。

──以前は失敗もあったわけですね。
工藤 ぶっちゃけ、浜本″CAT″雄大戦や小笠原瑛作戦では、メチャクチャ失敗してパフォーマンスが落ちました。水を抜きすぎてしまって、瑛作選手に倒された時には起き上がることすらできなかった。体が悲鳴を上げていたんでしょう。最近はほとんど水抜きをしなくなったせいか、ダウンを喫しても起き上がることができる。

──酵素のほかにはどんな減量を?
工藤 大好きなグミ抜きです。今回はこの2本立てでイケます。

──前戦はONEで組まれた、元ルンピニーのフェザー級王者シントンノーイとの一戦でした。初めてのタイはいたく気に入ったようですね。
工藤 僕、辛いのは苦手なんですけど、タイ料理は美味しかったですね。

──試合は初めての60㎏超え(61.2㎏)の契約体重でした。
工藤 体重よりも問題はルールでしたね。首相撲ありとなしでは全く別物だと実感しました。距離感も全く違う。今回対戦する志朗選手はキャリアだけを比較したら全然僕より上ですけど、首相撲なしだったら僕の方が上ですよね。

──プロになってからは一度もないと言っていました。
工藤 だったら経験値では僕の方が上ですね。自信が膨らみました。

──志朗選手は工藤選手のローは効かないと宣言していました。
工藤 いや、絶対効かせられる自信はあります。でも、当てられるかどうか(苦笑)。向こうはカットがうまいですからね。僕のローは諸刃の剣。威力が絶大な分、カットされると自分へのダメージも絶大なので。

──志朗選手の印象は?
工藤 うまいですね。何でもできる。パンチとキックのバランスもいい。スタイルはムエタイだけど、パンチもうまい。そこが厄介。

──ヘタうまVSテクニシャン。わかりやすい対立図式になりますね。
工藤 ただ、向こうの方がやりにいでしょう。僕はうまい人の方が得意なので。噛み合えば、全然いける。いなされないかだけが心配ですけど。バチバチの打ち合いに持っていきたい。

──会見でもそう宣言していたけど、本音をぶつけたら志朗選手は「あえて打ち合わないのでは?」という声もあります。
工藤 向こうが打ち合いに持っていかないと勝てない。そういう状況に持っていくのが今回の課題ですね。僕もRISEのチャンピオンになったので、これからはずっとバチバチの打ち合いをしたい。打ち合いにさせるようなスタイルを目指します。

──キモローと並ぶ″三種の神器″キモジャブとキモボディは?
工藤 たぶんあまり炸裂しないんじゃないですか。今回ちょっと4つめの神器を出すかもしれない(ニヤリ)。

──今年3月の篠塚辰樹戦といい、今回の志朗戦といい、RISEで工藤選手は新たに入ってきた強豪に対する門番のような役割をしていますよね。
工藤 何なんですかね。(自分が負けたら、)踏み台じゃないですか。この立ち位置はイヤ。階級は違うけど、同じレフティの秀樹や(金子)梓になすりつけたい。

──注目してほしいところは?
工藤 KOが多いのでパワーがある方だと思う人がいるかもしれないけど、実をいうと僕は運動神経がない。レフティにいるのでフィジカルが売りになっているけど、腕立て伏せなんか20~30回程度。握力なんか小5の女子の平均(約20㎏!)と変わらない。

──本当に?
工藤 ベンチプレスをやる時なんかシャフトだけですから。それでも、僕はRISEのチャンピオンになれた。運動神経がない人でも気持ちと練習量次第ではチャンピオンになれる。そういうところを注目してほしいですね。

EVENT OVERVIEW

開催日時

2018年11月13日(火)

会場
主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛
衣装協力
放送・映像制作
入場料金
チケット販売所
お問い合わせ RISEクリエーション 03-5319-1860

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
TEL 03−5319−1860 / FAX 03-5319-1870
■ 那須川天心選手への取材に関しては
TEL 03−6368−5495 / FAX 03-5428-4647
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-3-1 天野ビル3E


PLAYGUIDE

チケットぴあ
ローチケ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE
INSITE
AUBE
PONOS

PARTNERS

スカイA
Bout
deepkick
RISE WEST
SkyHigh
REBELS
HoostCup
全日本空手道連盟

Released :  2018-12-09