Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

工藤政英『3連敗中だけど、守りに入るつもりはない』

DATE   2019-05-19



来る5月19日(日)後楽園ホールで開催される『RISE132』に登場する工藤政英の事前インタビューをお知らせします。

 

工藤政英インタビュー

3連敗中だけど、守りに入るつもりはない。

 

 2.22ONEシンガポール大会ではペッダム・ガイヤンハーダオ(タイ)のヒザ蹴りでスタミナを削られ、最後は左ストレートでKO負けを喫したRISEフェザー級王者の工藤政英(新宿レフティージム)。
この黒星で3連敗と苦しい立場に立たされたが、工藤は「守りに入るつもりはない」と言い切る(文・布施鋼治)


──2月22日にONEシンガポール大会で実現したペッダム・ガイヤンハーダオ(タイ)戦以来、3カ月ぶりの一戦です。
工藤  準備期間がいっぱいあったので、いろいろな練習ができました。

──最後は左ストレートで2RKO負けに終わったペッダム戦を振り返ってみると?
工藤  振り返りたいけど、試合の記憶が吹っ飛んでしまっているんです。強い選手だったので、「いい経験になった」と言われるけど、覚えていないんだからどうしようもない。試合映像を見返したけど、記憶は戻ってきませんでした。なんかペッダム選手と対峙したことをなんとなく思い出せる程度です。

──それだけ強い衝撃を受けた、と。
工藤 2Rが始まってすぐに試合は終わっているんですけど、ダメージはハンパじゃなかった。相手の左ミドルを受けて右腕はパンパンに腫れ上がっていたし、内臓も痛めました。

──もっと実力をつけたらリベンジしたい? 
工藤 もちろん。タイのONEでシントンノーイ選手と闘った時もそうだけど、今はタイ人に連敗中。RISEのチャンピオンとして越えなければいけない壁なのかなと思いますね。

──改めて世界の壁を感じた?
工藤  感じましたね。タイプ的にタイ人選手とは噛み合わないけど、そこを何とかしないといけないですよね。いつまでもジャブとボディフックとローだけだったら通用しないです。

──三種の神器だけではダメだと?
工藤 ハイ。三種の神器として使っていたけど、元号も平成から令和に変わったじゃないですか。僕も変わらないといけないですよね。

──いつから気持ちは上向きに?
工藤  この間、RISEで津田さんと梓(金子) が試合だったじゃないですか(4月26日 RISE EVOL.3)。その時セコンドとしてサポートしていたけど、仲間が頑張っている姿を見て「俺ももう一回やらないと」という気持ちになりました。

──タリック・トッツ選手との一戦は、3月23日のRISE131で一度は対戦が発表されながらペッダム選手にKO負けをした工藤選手のダメージを考慮して延期となった、いわくつきの国際戦です。
工藤 僕の中で欠場と減量失敗はありえないことなので、関係者の方々には非常に申し訳ないことをしたと思っています。盛り上がる試合をして恩返しをしたいです。

 

IMG_7340.JPG

 

──トッツ選手の印象は?
工藤 アグレッシブですよね。ただ、ネットに上がっている試合映像は最近のだと那須川天心戦しかないんです。それ以前のイタリアで闘った映像もあるけど、天心選手と闘った時と比べるとなんかちょっと違う。だからあまり参考にしていないですね。

──欧米の選手との対戦経験は?
工藤 今回が初めてです。僕、外国人選手と闘ったのはONEでタイ人と2回闘っただけなんですよ。ウチだと秀樹が外国人選手との対戦経験が豊富なので、「やっぱりフィジカルはすごい」という話は聞きます。今回鍛え直したフィジカルを武器に、前に出てトッツ選手を消耗させたい。ただ、それが通用しなかった時のことも考えて調整しています。

──現在、工藤選手は3連敗と苦しい立場に立たされています。
工藤 はい。ことごとくチャンスを潰しているので、RISEのチャンピオンとして申し訳ない。ただ、それで守りに入るつもりはないです。相手の攻撃力もヤバそうだけど、自分の攻撃力も結構増していると思います。三種の神器以外の引き出しも増えました。問題はそれが実戦で出せるかどうか。リングに上がるとどうしても得意技に頼ってしまうんです。

──相手の攻撃で警戒するのは?
工藤 モーションは大きいけど、フックの破壊力はハンパじゃない。そして長い足から繰り出すミドルキックは綺麗で重そうで、惚れ惚れします。自分でも、あんなミドルを打ってみたいです。

──ミドルをカットする自信は?
工藤 スウェー以外だったら、結構自信があります。ただ、ブロックだけだと腕が潰れてしまうので、ちゃんと対策は練っています。

──ところで、この日の第1試合では因縁浅からぬ森本“狂犬”義久選手と篠塚辰樹選手が対戦します。
工藤 二人とも直近で闘った選手なので気になりますね。他人事では済まされない。いずれどちらとも再戦する可能性はあるでしょう。個人的には、その前に志朗選手にリベンジしたいですけどね。

 

 

また工藤政英の対戦相手であるタリック・トッツからコメントが到着しましたので紹介させて頂きます。

 

tarik-2.jpg


「久しぶりに日本で試合が出来て嬉しいよ、コンディションは順調です。前回の56㎏での試合はきつかったけど、今回はベストの58㎏なので最高の試合を見せることが出来る!
ワイルドに攻めてクドウをノックアウトする。58~61㎏であれば誰にも負けない!日本の皆さん応援よろしく!」

 

EVENT OVERVIEW

開催日時

2019年5月19日(日)
17時開場 / 18時本戦開始
17時30分よりオープニングファイト開始

会場

後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61 後楽園ホールビル5F

主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

株式会社Cygames
フィットネスショップ
ポノス株式会社
株式会社A'Group
麺や すする
reversal

衣装協力 73R/インスピリット
放送・映像制作 AbemaTV/スター・ゲイト
入場料金

・SRS席 15,000円(当日 15,500円)
・RS席 10,000円(当日 10,500円)
・S席 6,000円(当日 6,500円)完売
・A席 5,000円(当日 5,500円)完売
・スタンディング 4,000円(当日 4,500円)ぴあにて追加発売中
※未就学児は保護者膝上に限り無料

チケット販売所

チケットぴあ
ローソンチケット
イープラス
RISEオフィシャルショップ
後楽園ホール 03-5800-9999
RISEクリエーション 03-5319-1860

お問い合わせ RISEクリエーション 03-5319-1860

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
TEL 03−5319−1860 / FAX 03-5319-1870
■ 那須川天心選手への取材に関しては
TEL 03−6368−5495 / FAX 03-5428-4647
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-3-1 天野ビル3E


PLAYGUIDE

チケットぴあ
ローチケ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE

SPONSORS

INSITE
AUBE
PONOS

PARTNERS

KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2019-05-14