Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

森『みんな僕が王者になるとは思っていない。』

DATE   2019-07-05



来る7月5日(金)後楽園ホールで開催される『RISE133』に登場する森香津眞の事前インタビューをお知らせします。

 

❒森香津眞インタビュー
みんな僕が王者になるとは思っていない。世間の「誰だ! コイツは?」という見方を覆したい

 

昨年6月にデビューして以来連戦連勝。全てKOという驚異的なレコードを更新中の森香津眞(チームドラゴン)。「RISE133」(7月5日・後楽園ホール)では“マッドピエロ”山口侑馬と第4代スーパーライト級王座決定トーナメント準決勝を争う。期待のルーキーに話を聞いた(聞き手・布施鋼治)

 

mori-1.JPG
 
 
──プロデビュー以来、4戦4勝(4KO)という破竹の快進撃を続け、RISEスーパーライト級王座決定トーナメント準決勝に出場することが決定しました。

 このトーナメントに出場する他の3選手は僕の何倍もキャリアを持っている人ばかり。しかも知名度も高いので、みんな僕がチャンピオンになるとは思っていない。世間の『誰だ! コイツは?』という見方を覆したい。
 
──高校までは野球をやっていたと聞きました。

 地元のクラブチームでやっていて、高校は野球推薦で埼玉の武南高校で入りました。一応レギュラーでサードをやっていたけど、野球は高校で辞めようと思い、国士館大学に入学したらキックボクシング部に入部しました。
 
──それまでの格闘技歴は?

 小学校の時、地元(埼玉)で空手を2~3年やっていたんですよ。指導者は当時RISEで活躍していたマグナム酒井さんでした。
 
──マグナム!!また子供の時から個性(あく)の強い人に習っていたんですね(笑)。

  小学校の時は週7くらいの感じで習い事をやっていました。そのうちのひとつが空手でした。それで、高校の時にマグナム先生の応援でRISEを見に行く機会があったんですよ。それが自分でも格闘技をやってみたいと思ったきっかけです。国士館には指定校推薦で入りました。大学はキックをやるために入ったようなものです。
 
──先輩や同期で現在プロで活躍している選手は?

 ひとつ上には雅駿介さん(スックワンキントーン&ムエタイオープンの現ライト級王者) がいます。ふたつ上には遠藤駿平さん(現MA日本ライト級王者、現J-NETスーパーフェザー級王者)。同期にはMMAで活躍中の菊入正行がいます(現在パンクラスのライト級8位)。
 
──そうそうたる面々ですね。

 入った時の11月には後楽園で(学生キックの)試合をしています。初めての生足だったので痛かったけど、1RKOで勝つことができました。
 
──学生時代はK-1カレッジで優勝していますね。

  ハイ。そこからフィリピンに8カ月、ハワイに3カ月ほど留学にいきました。目的は英語の勉強と格闘技。フィリピンはマニラに滞在していたけど、治安は相当悪かったですね。何回か夜に銃声を聞きました。でも、現地ではマニー・パッキャオの練習を目の前で見る機会があったんですよ。

森パッキャオ.jpg


──行った甲斐がありましたね。

 今まで見た選手の中で「こんなに速くて強い選手がいるのか」とビックリしてしまいました。身長は低かったけど、ふくらはぎの大きさは尋常ではなかった。ボディガードが5人くらいいたので、喋ることはできなかったんです。一緒に写真を撮ってもらうことが精一杯でした。
 
──その後は?

 就職も考えていたので迷いました。海外から帰って来て一度は就職活動もしたけど、就職したらキックが中途半端になってしまうと思い、キックに集中することにしました。
 
──チームドラゴンを選択した理由は?

森  そもそも大学が町田界隈(鶴川キャンパス)だったので、近いジムで捜していました。決め手は前田(憲作)代表の指導力です。体験の時から「指導力が違う」と思っていたので。
 
──プロデビューは昨年6月のルーキーズカップでした。

 それから全部KOでこれるとは思っていなかったです。いまは(自分のパンチが)当たったら倒れると思っています。

mori-2.jpeg
 
──どこが優れている?

 パンチはどうやって当てるかを意識しています。タイミングですね。やっぱり野球をずっとやってきたせいか、体幹がしっかりしているんだと思います。そんなに思い切り力を使わなくても効くパンチを打てます。
 
──今回対峙する山口侑馬選手は何倍もキャリアがあるうえに、すでにタイトルホルダーです。対戦する話をもらった時には、どんな気持ちになりました?

 やりたかったので、迷うことなく「やります」と答えました。
 
──デビュー以来負けなしとはいえど、相手が山口侑馬選手となると「ちょっと早いんじゃないか」という声も聞こえてきます。

 それはありますね。フフフッ。でも、前田先生は「年内にベルトを獲ろう」と肩を叩いてくれます。自分もその気でいたので、今回のマッチメークも全然驚きはしなかったです。自分はRISEを見て格闘技を始めました。そのRISEでデビューしたからにはRISEのベルトを絶対に獲りたい。このチャンスを逃さずに獲りにいきます。
 

EVENT OVERVIEW

開催日時

2019年7月5日(金)
17時開場 / 18時本戦開始
開場後オープニングファイトを実施

 

会場

後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61 後楽園ホールビル5F

主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

株式会社Cygames
フィットネスショップ
ポノス株式会社
株式会社A'Group
JISAKU
麺や すする
reversal

衣装協力 73R/インスピリット
放送・映像制作 Abema TV/スター・ゲイト
入場料金

SRS席 15,000円(当日 15,500円)
RS席 10,000円(当日 10,500円)
S席 6,000円(当日 6,500円)
A席 5,000円(当日 5,500円)
※未就学児は保護者膝上に限り無料

チケット販売所

チケットぴあ
イープラス
後楽園ホール 03-5800-9999
RISEクリエーション 03-5319-1860

お問い合わせ RISEクリエーション 03-5319-1860

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
TEL 03−5319−1860 / FAX 03-5319-1870
■ 那須川天心選手への取材に関しては(CCPR内・那須川天心担当宛)
TEL 03−5459−0297 / FAX 03-5428-4647
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-3-1 天野ビル3E


PLAYGUIDE

チケットぴあ
ローチケ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE

SPONSORS

INSITE
AUBE
PONOS

PARTNERS

KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2019-07-01