Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

山田洸誓『このまま無敗でタイトルを獲ることが一番』

DATE   2019-09-29



来る9月29日(日)後楽園ホールで開催される『RISE134』に登場する山田洸誓の事前インタビューをお知らせします。

 

❐山田洸誓インタビュー
このまま無敗でタイトルを獲ることが一番。年齢的なことを考えてもベストタイミング


来る9月29日後楽園ホールで開催される「RISE 134」での開催が決定した第4代RISEスーパーライト級(-65kg)王座決定戦 。山口侑馬(山口道場)と王座を争う山田洸誓(正道会館KCIEL)に話を聞いた。
 
――遂に第4代RISEスーパーライト級王座決定トーナメント決勝戦が近付いてますが、調整はどうですか。
山田 過去最高ぐらいにいい調整が出来ていて、体重も問題なく落ちていますし練習もバッチリできているのでいい感じで仕上がっています。
 
――練習ではどういうことを強化していますか?
山田 前回7月の準決勝でフルラウンド戦ってスタミナ面をみんなに指摘されました。今回5Rなので戦い方は変わってくると思うのですが、走り込みなどをやって問題ないように意識しています。

 

山田1.jpeg
 
――地元の愛媛でずっと練習されているのでしょうか。
山田 そうですね。拠点が愛媛なので普段と変わらない練習をしていて、先日には一週間限定で大阪にある正道会館総本部に出稽古に行きました。原口健飛君など強いプロ選手が週一で集まっていい練習ができましたね。次の試合では、原点回帰で空手の技をどんどん出していきたいと思ってます。
 
――空手家だけに試合では空手の強さを見せたいという想いもありますか?
山田 今も正道会館という名前で出てますし、看板を背負っているつもりでキックの試合に出ています。
 
――対戦する山口侑馬選手についてはどのような印象がありますか?
山田 1キックボクシングファンとして彼のファイトスタイルがめちゃくちゃ好きでYoutubeで試合を良く見ていたので、そういう選手と戦えることは嬉しいですね。ちなみに対戦を意識したことは今までに全くありません。最初、タップロン選手との試合がタイトルマッチになるかと思っていたのですが、4人制のトーナメントで出場メンバーに山口選手の名前があったので対戦するかも!?と、そこから意識し始めるようになりました。

yamada_vs_yamaguchi.jpg
 
――どのような試合展開になるでしょう。
山田 みんな僕に対しては蹴りのイメージがあるかと思いますが、自分のパンチは当たれば倒れるとみんなが評価してくれています。実際にKO勝ちしたのはパンチの方が多いんです。山口選手もパンチがうまいのでそこに気を付けながら、自分のパンチを当てた上で蹴り技も見せられたらと思います。
 
――空手の選手は顔面パンチに対して苦手なイメージがありますが、その苦手意識もないですか?
山田 昔は下を向いてしまい打ち合いは出来なかったのですが、顔面パンチに対する恐怖心は特になく、以前から周りからもキックボクシングでもやっていけるでしょ?と言われていたぐらいなので、そんな苦手意識は特にないですね。
 
――山口選手との打ち合いも望むところ?
山田 向こうのパンチをもらうと倒れてしまうので、当てられないように自分の攻撃を当てたいですね。これはお互い様なので、そこを気をつけながら戦います。
 
――もし今回勝てば10戦無敗でのタイトル獲得となります。ここまでの完璧レコードは以前から思い描いていた通りでしょうか
山田 試合なので負けもあるとは思っていたのですが、順調よく行き過ぎていて今が怖いぐらいです(笑)。でもせっかく目の前に大きなチャンスが転がっているので、このまま無敗でタイトルを獲ることが一番いいですね。年齢的なことを考えてもベストタイミングでのタイトルマッチだと思います。

山田2.jpeg
 
――タイトル獲得後に見据えている目標はありますか?
山田 今は目の前のことに集中していてベルトを獲りたいという一心なので、その後のことは考えていません。
 
――以前は正道会館高知支部で、今は正道会館KCIEL(カシエル)所属ということですが、独立されたのでしょうか?
山田 以前から自分の道場を開きたいと昔から思っていて、3月中旬に正道会館KCIELを立ち上げました。今回のトーナメント出場も決まって大変な時期が続いているのですが、それを言い訳にはしたくはないですね。周りの方が凄くサポートしてくれているので、そういう方たちのためにも結果を残したいです。ちなみに道場名KCIELのCIEL(シエル)というのはフランス語で、空、天という意味なんです。最初のKは自分の名前の洸誓の頭文字だったり、格闘技、キックボクシングのKを指していて、みんなで上を目指しましょうと意味を込めて「KCIEL」という造語をジム名にしました。
 
――ジム代表としてのプレッシャーはないですか?
山田 いい意味でプレッシャーになってますし、自分のモチベーションになっています。道場生や応援してくれる方々のために絶対にベルトを獲りたいです
 
 

EVENT OVERVIEW

開催日時

2019年9月29日(日)
17時開場 / 18時本戦開始
開場後オープニングファイトを実施

会場

後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61 後楽園ホールビル5F

主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

株式会社Cygames
フィットネスショップ
ポノス株式会社
株式会社A'Group
麺や すする
reversal

衣装協力 73R/インスピリット
放送・映像制作 Abema TV/スター・ゲイト
入場料金

SRS席 10,000円(当日 10,500円)
RS席 8,000円(当日 8,500円)
S席 6,000円(当日 6,500円)
A席 5,000円(当日 5,500円)

※未就学児は保護者膝上に限り無料

チケット販売所

チケットぴあ
イープラス
後楽園ホール 03-5800-9999
 

お問い合わせ RISEクリエーション 03-5319-1860

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
TEL 03−5319−1860 / FAX 03-5319-1870
■ 那須川天心選手への取材に関しては(CCPR内・那須川天心担当宛)
TEL 03−5459−0297 / FAX 03-5428-4647
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-3-1 天野ビル3E


PLAYGUIDE

チケットぴあ
ローチケ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE

SPONSORS

INSITE
AUBE
PONOS

PARTNERS

KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2019-09-24