Select Language
jp us cn
EVENT INFORMATION

良星『一度敗れたからこそ、僕はここまで強くなれた』

DATE   2020-01-13



来る1月13日(月祝)後楽園ホールで開催される『RISE136』に登場する良星の事前インタビューをお知らせします。

 

☐良星インタビュー
鈴木真彦選手に一度敗れたからこそ、僕はここまで強くなれました

時は来た。RISE136で王者・鈴木真彦に良星が挑戦するRISEバンタム級タイトルマッチが実現する。 一昨年7月の初対決では鈴木に辛酸を舐めさせられた良星は「必ず勝つ」と覚悟を決めていた。(聞き手・布施鋼治)
 
──現在7連勝中と絶好調です。そしてようやくタイトルマッチが決まりました。
良星 前回の試合(2019.9.29結城将人戦)前から僕は「勝ったら鈴木選手に挑戦したい」ということを主張していました。そして結城戦に勝ったらRISEサイドも「鈴木選手が受けてくれたら、タイトルマッチをやりましょう」と承諾してくれたので、今回やることになりました。
 
──鈴木真彦選手とは一昨年7月から始まった王座決定トーナメント一回戦で良星選手を撃破。そのまま優勝して、その後も王座を防衛し続けています。第三者から見ても、ベルトの価値は一層高まったかなと思います。
良星 そうですね。ベルトも本当に欲しいという思いも強いけど、それよりひとりの男として鈴木選手を倒したいという思いの方が強いです。一回負けている相手に負けたままで終わりたくない。キッチリとリベンジしたいです。

鈴木×良星.jpeg

 

──語気に力が入っていますね。
良星 目の前の一戦一戦に集中したおかげで、ここまでこれました。大変だったというより、やるべきことを試合が終わってからもやり続けた成果だと受け止めています。平井会長もずっと指導してくださって、「あの試合はここが良かった」「この試合のダメなところは修復しないといけない」という感じで研究を重ねてきたことも大きかったと思います。ずっと自分を磨いてきた感じがします。
 
──負けてから一層強くなった?
良星 間違いなくそうですね。そういう意味で僕は鈴木選手に感謝しています。鈴木選手がいたからこそ、僕はここまで強くなれました。本当にリスペクトしています。しかも僕に勝ってから鈴木選手はずっとチャンピオンでいてくれました。
 
──初対決から1年半の月日が経ちました。自信のほどは?
良星 この一戦に向け、かなり練習もしています。作戦も練っているので、必ず倒します。仮に5ラウンドまでもつれ判定になったとしても勝てる練習をしています。
 
──現在の鈴木選手に対する評価は?
良星 強い。本当に最高の選手だと思います。礼儀正しいし、勝っても納得いかないと泣くし。聞いた話だと、本当に努力家ですよね。
 
──昨年9月に実現した鈴木VS田丸辰の一戦はどう評価しますか?
良星 そうですね。辰も健闘した一戦だったけど、やっぱり鈴木選手が強かったですね。1ラウンドに辰のスピードに若干翻弄されバチーンとストレートをもらってフラついたところもあったけど、全く取り乱さなかったですし。そして2ラウンド以降は自分のペースを貫いて闘っていたじゃないですか。僕もスピードは早い方だと思うので、相手に付き合わずパパッと動いて攻めていきたい。
 
──客観的に見て良星選手が鈴木選手より上回っている部分としてスピードを挙げる識者は多いと思います。
良星 そうですね。スピードが一番ですかね。一回闘ってわかったことは鈴木選手はバチバチに打ち合ってくれると思ったら、そうではなくすごく賢いことがわかりました。


──同門の山口兄弟は肉を斬らせて骨を断つ戦法を得意とするけど、鈴木選手は違うと?
良星 そうなんですよ。避けるべきものはしっかり避けている。もらったらいけない攻撃は絶対もらわない。なおかつ行けるタイミングではパパッと行きますよね。
 
──初対決で他の選手との違いも感じた?
良星 蹴りはあんまり違いを感じなかったけど、パンチは固かったです。そういう印象でした。

良星2.JPG
 
──今年は4月に予定されている大阪大会からRISE ASIA SERIES 2020 -55㎏級トーナメントもスタートします。
良星 すでに鈴木選手の出場は決定しているので、今回しっかり勝って僕も出場権をとりたいです。
 
──鈴木選手もいれば、志朗選手もエントリーしています。
良星 楽しそうなトーナメントですよね。
 
──相手が強ければ強いほどやりたくなる?
良星 そうですね。相手が強ければ強いほど「自分が闘ったら、どういう試合ができるんだろう」と考え立てしまいます。鈴木選手と志朗選手は全然タイプが違うからなおさらそう思います
 
──ほかにルンピニーとラジャのスーパーフライ級とフライ級の元王者パジャンチャイ・PKセンチャイムエタイジムの出場も決定しています。
良星 パジャンチャイ選手はすごく強いと聞いているので、やってみたいと思いますね。今回のタイトルマッチが終わったからといって、一休みするわけにはいかないです。
 
──この年末年始の過ごし方は?
良星(キッパリと)返上しました。僕は誕生日が1月なんですよ。ちょうど試合の5日後。その日だけちょこっとゆっくりできればいいです。いまは練習三昧の日々を送っているけど、全然苦ではないです。逆に楽しいです。
 
──年末年始に友達と遊ぶより?
良星 だって僕の人生がかかっているので。RISEのチャンピオンベルトを獲る獲らないで、その後の人生は変わってきます。だからここで妥協したくないです。
 
──いまは仕事もセーブして練習中心の日々?
良星  2カ月前(10月)にアルバイトは辞めました。ここ(平井道場)で指導員はやっているので、指導料はいただいています。前回の試合でわかったこともあるので、僕もちょっと頭を使って闘おうと思っています。
 
──自分がRISEのベルトを巻いている夢を見ることは?
良星 それがめっちゃあるんですよ。試合をしている風景が夢に出てきます。試合の途中で気持ちが高ぶって起きてしまうこともあります。今までそういう夢を見ることはなかったけど、最近は本当に見ますね。

EVENT OVERVIEW

開催日時

2020年1月13日(月祝)
17時開場 / 18時本戦開始

※開場後オープニングファイト予定

会場

後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61 後楽園ホールビル5F

主催 RISEクリエーション株式会社
認定 RISEコミッション
協賛

株式会社Cygames
フィットネスショップ
ポノス株式会社
株式会社A'Group
株式会社ルーフ
グラミープラス
株式会社インサイト
麺や すする

衣装協力 73R/インスピリット
放送・映像制作 Abema TV/スター・ゲイト
入場料金

SRS席 15,000円 ※完売
RS席  10,000円 ※完売
S席  6,000円 ※完売
A席  5,000円 ※完売

立見 4,000円

※当日券は各500円アップ/未就学児は保護者膝上に限り無料

チケット販売所

【販 売】12月4日(水)より発売開始
 ・チケットぴあ TEL:0570-02-9999 http://pia.jp/t/ (Pコード 844-964)
  (ぴあカウンター、サークルK、サンクス、セブンイレブン各店)
 ・イープラス https://eplus.jp/rise/ (PC&スマートフォン)
  ファミリーマート 店内Famiポート
 ・後楽園ホール 03-5800-9999

お問い合わせ RISEクリエーション 03-5980-7409

ACCESS

■ イベントや選手への取材やお問合せなどに関しては
TEL 03−5980−7409 / FAX 03-5980-7410
■ 那須川天心選手への取材に関しては(CCPR内・那須川天心担当宛)
TEL 03−5459−0297 / FAX 03-5428-4647
■ RISEクリエーション株式会社
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 ガーベラ巣鴨ビル3F


PLAYGUIDE

チケットぴあ
ローチケ
イープラス
ライズオフィシャルショップ

SPONSORS

cygames
フィットネスショップ
7THREE
PONOS
PONOS

SPONSORS

INSITE
AUBE
PONOS
7THREE

PARTNERS

KAMINARIMON
RISE WEST

Released :  2020-01-07